1. HOME
  2. 事業案内
  3. 半導体開発
  4. 医療機器開発
  5. 家庭用医療機器

半導体開発

Semiconductor

医療機器開発

家庭用医療機器

私たちは人々の持つ遺伝子を調べ、個々により適した薬を創る「ゲノム創薬」を行っています。ゲノム創薬とは、ゲノム情報のデータベースを応用し、病気の原因となる遺伝子やその遺伝子が作るたんぱく質情報を調べて、該当するたんぱく質に結合する分子や抗体から薬を創る方法です。ゲノム創薬には、遺伝子やゲノム情報を解析し、個人にとってより適した治療を行うことや辛い副作用を軽減させることが期待されています。

遺伝子情報を解析し個々人にあった治療や副作用の軽減をもたらす

現在、バイオサイエンスが大きな変革の時代を迎えています。ゲノム解析とは、ヒトを含む多くの生物の遺伝子情報(DNAの塩基配列)を解読・分析することで、生物の進化の過程を探る要素になるほか、病気の予防や診断・治療に結びつく情報を抽出し新薬の開発につながると期待されています。現在、ほぼすべての遺伝子情報の解読が終了しており、遺伝子の役割と病気の関係の解明に取り組んでいます。

個別化医療で人類により良い未来をもたらす

バイオテクノロジーを活用したゲノム創薬には、従来の薬の作り方と違い、遺伝子の情報から病気に関係する遺伝子を絞り込み薬が開発できるので、薬の開発にかかる期間が短くなります。現在治療法が確立されていない病気にも、画期的な新薬の開発が期待できます。
また病気や患者さんの遺伝情報を利用して薬が作られるため、副作用が少なく高い効果が期待できる薬ができます。個々人の体質に合った適切な医療をもたらす、未来の希望となる製薬方法がゲノム創薬なのです。